学校長挨拶

東京都中野区立北中野中学校

KITANAKANO J.H.S.

| HOME | 校長室 | 学校長挨拶 |

更新日 2018-04-23 | 作成日 2007-11-03

学校長挨拶

第16代校長 関 年隆


 本校のホームページにアクセスしていただきまして、誠にありがとうございます。
 私は平成27年4月1日から中野区立北中野中学校第16代校長として勤務しており、今年度で4年目となります。よろしくお願い申し上げます。
 さて、本校は昭和36年(1961年)4月1日に開校以来、今年度で開校58年を迎える「何事にもがんばる活気に満ちた学校」です。
 その間、1万2千名近くの卒業生を送り出し、多くの方々が社会の様々な分野で活躍され、いつまでも地域から本校を見守っていただけることに感謝しております。
 本校は開校以来「文武両道」を掲げ、朝の読書活動から始まる学校生活は落ち着いた環境の中で着実に学習効果を上げると同時に、運動会、合唱コンクール、文化発表会や部活動においても、生徒一人ひとりが目標をもって積極的に取り組み、輝かしい成果を収めています。
 また、ボランティア活動も盛んに行われ、地域の一人暮らしのお年寄りをお迎えして行う「ふれあい茶話会」や、地域の小学生を対象にして行う「サイエンスフェスタ」など多くの学校行事を生徒が自主的に行っています。また、「父母と教師の会」の協力を得ながら、一昨年度より夏季休業日に「北中花火大会」を開催しております。
 さらには、武蔵台小学校、上鷺宮小学校、西中野小学校との小中連携教育を初めとして、近隣の幼稚園、高等学校、専修学校との連携を通して、学力の向上やキャリア教育を推進しています。特に関係小学校三校とは、一昨年度より「半日校長」を実施し、相互理解を深めております。
平成27、28年度は、中野区教育委員会の「学校教育向上事業」研究指定校として、―小学校及び中学校の学びの連続性の構築―「自ら考え、表現できる児童・生徒の育成」を研究主題とした研究を行い、その研究発表会を平成29年1月20日に行いました。今年度、来年度は、中野区教育委員会「学校教育向上事業」研究指定校として、ICT機器を効果的に活用した教材開発を行い、生徒一人ひとりが主体的な学習を展開できるよう全校体制でICT教育についての研究を行って参ります。
 私ども教職員は、生徒一人ひとりに「確かな学力」、「豊かな人間性」「社会性の育成」「体力の向上」を確実に身につけさせるため、全力で取り組んで参ります。どうか本校の教育活動を見守っていただき、今後も引き続き本校ならびに生徒に対する多大なるご支援とご協力をいただきますようよろしくお願い申し上げます。
(平成30年4月)