特色ある教育活動

東京都中野区立北中野中学校

KITANAKANO J.H.S.

| HOME | 校長室 | 特色ある教育活動 |

更新日 2018-3-7 | 作成日 2007-11-3

特色ある教育活動

(1)理数フロンティア校の経験を生かし、「北中サイエンスフェスタ」を実施することにより、
地域及び武蔵台小・上鷺宮小の理数教育の構築を図る。

(2)異校種間での特徴を生かし、教員同士の指導力向上を図るために、小中合同の研修会を夏季
休業中に行い、小中連携教育の充実に努める。

(3)理科の自由研究を奨励し「サイエンス賞」を授与することで、自ら課題を見付け、それに取
り組むことで思考力・判断力・表現力等を養う。

(4)朝読書の継続・充実を更に進め、学校図書館活用の充実を図ることで「読む力」・「書く力」
の育成とともに、豊かな心、豊かな個性や創造力の伸長を図る。

(5)地域の高齢者への「花鉢プレゼント」「ふれあい茶話会」「敬老年賀状」等のボランティア
活動を年間を通して行い、環境、自然、人などへの思いやりの心や公徳心、ボランティア精神を養
い、自らの生き方を主体的に考え、実践する態度を育てる。

(6)保護者・地域に信頼される学校づくりを推進するため、学校ホームページの充実等を図ると
ともに学校公開を行い、保護者・生徒による学校評価を実施し、保護者・地域の要望等を学校運営
に生かす。また、朝礼等でボランティア賞を授与することにより、一層のボランティア精神の醸成
を目指す。

(7)保護者・地域との連携を推進し、学習活動や部活動の支援体制を確立し、生き生きと活動で
きる魅力ある学校を目指す。

(8)農作業体験、職場体験や人権講演等を実施することで、生命を尊重し、健康に生活する態度
を育成する。

(9)体育的行事や文化的行事等の学校行事の準備やまとめを通し、生徒一人ひとりの能力を引き
出し、思考力・判断力・表現力等を培い自己実現のできる力を育てる。

(10)体力テストの結果を踏まえ、中野スタンダードを基にした「体力向上プログラム」を作成し
保健体育の授業の取組の中でフラッグフットボールを実施し、体力向上を図る。

(11)かみさぎ幼稚園と連携し、3年生技術・家庭の家庭分野授業「保育」の一環として園児と交流会を行い、思いやりの心や家族への感謝の気持ちを育てる。

(12)保護者・地域と連携し、防災教育の一環として「避難所開設訓練」や「軽可搬ポンプ操作講習会」への参加を奨励し、生徒の災害安全に対する知識と理解を身に付けさせ、災害時における地域へのボランティア精神の態度を育てる。

(13)主権者教育として生徒会役員選挙を実施し、選挙についての意義を理解させ、社会の仕組みや責任について学習することで、将来社会人としての正しい態度を育てる。

(14)平成30年度、平成31年度の2年間において、中野区教育委員会「学校教育向上事業」研究指定校として、全教員がICT機器を効果的に活用した授業が展開できるよう全校で研究に取り組む。